カテゴリ:
千葉市美術館にて開催中の展覧会
「ボストン美術館 浮世絵名品展 鈴木春信」に
行ってきました。

私は浮世絵の中では春信の美人画が一番好きなので
今回の展覧会はとても楽しみにしていました。

現存する春信作品の8割以上が海外にあるため、
実は、春信は「日本で展覧会を開くのが最も難しい浮世絵師」
なのだそうです。

IMG_0666









春信が描く「美人」は、小柄で、
手はとても小さく、足もか細いのが特徴です。

胡粉を混ぜた中間色による
やわらかいけれど鮮やかな色彩が
観るものを惹きつけます。

空摺の技によって浮かび上がる
華奢で繊細な男女の絵は、どれも
すごい色気があって、
なんともいえず素敵だなあと思います。