カテゴリ

カテゴリ:デザイン&イラスト

小田原・伊勢屋の「ちょこまん」

カテゴリ:
IMG_0372














神奈川・小田原の老舗和菓子店 伊勢屋さんの
新商品「ちょこまん」のパッケージデザインを
担当させていただきました。

透明フィルムのパッケージと紙製ラベルの両方に
小田原市の花である「梅」をあしらったデザインにしました。

IMG_0375












チョコレートがたっぷり入ったまんじゅうの皮と
くるみがアクセントで入った餡がベストマッチです。

とても美味しいバレンタイン和菓子です。

IMG_0158

Cafe小田原柑橘倶楽部

カテゴリ:
先にご紹介した「きんじろうカフェ」のとなりに
「Cafe小田原柑橘倶楽部」があります。

IMG_0261










小田原柑橘倶楽部は、
江戸時代に二宮尊徳翁が実践した「報徳思想」と「報徳仕法」をお手本に、
報徳二宮神社が発起人となり、
地元の農家さんや商工業者さんと一緒に
農商工連携による地域の活性化を目的として活動している団体です。

「Cafe小田原柑橘倶楽部」では、
小田原柑橘倶楽部のオリジナル商品や、
小田原柑橘倶楽部がプロデュースした
地域振興プロジェクトの商品を販売しています。
(みうらまなみクリエイティブルームが
 パッケージデザインを担当させていただきました)

また、地元でとれた旬の柑橘類や野菜などを使った
各種飲食メニューもご用意されています。


cider

















地域振興サイダー3種


ドロップ1









片浦レモンドロップ、小田原みかんドロップ


IMG_9303










地域振興ようかん3種


IMG_0138










地域振興キャンディ3種(片浦レモン・小田原梅・足柄茶)


pate







カタクチイワシのパテ3種


IMG_0127









片浦レモンジェラートなど8種の季節のジェラート


DSC_0139












ホット!片浦レモン!


DSC_0104














みかんスクィーズ


IMG_0131










ふわふわシフォン♪


_DSC2491









ブラウンシチュー


▽報徳の杜 公式WEBサイトは下記をクリック
http://www.hotoku.jp/

第81回 東京インターナショナル・ギフト・ショー 春 2016

カテゴリ:
年に2回、東京・有明の国際展示場「東京ビッグサイト」で開催される展示会
「東京インターナショナル・ギフト・ショー」が
今年は2月3日(水)から開催となります。

IMG_0314















「みうらまなみ」の展示ブースは「東2AV35」です。
「東2」ホールの「ARTIST VISION」というゾーンにあります。
お時間がございましたら、ぜひお立ち寄りください。

日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市
第81回 東京インターナショナル・ギフト・ショー 春 2016
会期:2月3日(水)、4日(木)、5日(金)

▽ARTIST VISION 公式WEBサイトは下記をクリック
http://www.artistvision.jp/tigs81/index.htm

新年あけましておめでとうございます。

カテゴリ:
干支の「申」は、象形文字で「稲妻(いなづま)」を表し、
屈折しながらあちらこちらの方向に走ることから
「のびる」や「もうす」という意味があるのだそうです。

今年のマザーシップの年賀状には
稲妻のように縦横無尽に空を駆ける「猿」を描きました。
また、あるご縁で「空飛ぶ福禄寿」も一緒に描いてみました。

今年は新たな表現の技術や手法にチャレンジしたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

mothership2016

ご当地シュワシュワコレクション

カテゴリ:
小田原柑橘倶楽部の片浦レモンサイダーが
『エル・ア・ターブル』(ハースト婦人画報社)の
「シルバーウィークの旅行先で味わいたい、おすすめのご当地サイダー」
にて紹介されています。

『エル・ア・ターブル』のWEBサイトは、ここをクリック

関東エリアはシルバーウィーク中、お天気がよさそうですね。
小田原・箱根へおでかけの皆さまは、ぜひ、ご賞味なさってみてください。

_1_image_size_372_x

カタクチイワシのパテ3種

カテゴリ:
小田原柑橘倶楽部では
従来の柑橘類にとどまらず
神奈川県西地域の全てのモノ・ヒト・コトを対象として
新たな農商工連携を進めることとなり
平成27年7月に
『ローカルファクトリー』という新ブランドを立ち上げました。

そして、その第一弾商品となる
オーベルジュ オー・ミラドー 勝又 登オーナーシェフ監修
『カタクチイワシのパテ』
(トマト&バジル、片浦レモン&クリームチーズ、オリーブの3種)が
このたび新発売されました。
(ラベルデザインを担当させていただきました)
カタクチイワシのパテ 商品ラベル














この『カタクチイワシのパテ』は
小田原柑橘倶楽部 & オーベルジュ オー・ミラドー & 鮑屋 の
3社のコラボレーションによって生まれました。

カタクチイワシのパテ パンフレット

































日本のオーベルジュの草分けとして30年の歩みを続ける
オー・ミラドーのオーナーシェフ勝又 登氏が監修し
小田原漁港で水揚げされる新鮮なカタクチイワシを原材料に
「家庭で楽しむフランス料理」
というコンセプトのもと商品開発された逸品です。

上品、かつクセになる美味を
ぜひ一度味わっていただけたらと思います。

カタクチイワシのパテ オードブル










気軽に楽しめるフレンチオードブルとして
ホームパーティーでも喜ばれそうです。

▽詳しくは下記をクリック
https://www.odawara-kankitsu.com/product/local-factory/

小田原・伊勢屋の「特製羊羹」

カテゴリ:
神奈川・小田原の老舗和菓子店 伊勢屋さんの
特製羊羹が新たな味の種類の追加にともない
パッケージを新しくして発売されました。
(パッケージのデザインを担当させていただきました)

伊勢屋 特製羊羹 パッケージ 1












伊勢屋さんの地元「小田原」といえば
二宮金次郎(二宮尊徳)の出身地として有名です。
また、小田原地域には
「足柄山の金太郎」の伝説もあります。

今回は、クライアントの伊勢屋さんのご希望に沿って
この2つのモチーフ「二宮金次郎」と「足柄山の金太郎」を
シンプルな墨の濃淡をいかしたイラストで
羊羹のパッケージ箱の側面に描きました。

伊勢屋 特製羊羹 パッケージ 2















味の種類は、丸いシールの色(赤・茶・黄)で区別しています。

伊勢屋 特製羊羹 パッケージ 3















これからの季節は栗羊羹がいいですね!

伊勢屋 特製羊羹 栗











3個入りの箱に巻いて使う掛紙も
パッケージと同様のデザインになっています。

伊勢屋 特製羊羹 パッケージ 化粧箱

雑誌『DIME』 2015年6月号

カテゴリ:
雑誌『DIME』 2015年6月号の
「一度は飲みたいご当地ドリンク」
という特集記事にて

DIME01



















小田原柑橘倶楽部の「片浦レモンサイダー」が紹介されました。
(商品ラベルのデザインを担当させていただきました)

IMG_9770














片浦レモンサイダーは、
年に一度しか農薬を散布しない、ノーワックス・防カビ剤不使用の
知る人ぞ知る国産レモン「片浦レモン」の
手絞り果汁を使用しています。

甘さひかえめで、後味すっきり!
小田原・箱根にお出かけの際には、ぜひ一本どうぞ。


▼小田原柑橘倶楽部
http://www.odawara-kankitsu.com

雑誌『nice things.』2015年5月号

カテゴリ:
雑誌『nice things.』 2015年5月号の
「フレッシュ、ローカル、シーズナルをいつでもどこでも」
という特集記事にて

IMG_9728
























「WONDER APPLE 赤〜いりんご御所川原」
ジュースのボトル写真が掲載されました。
(商品ラベルのデザインを担当させていただきました)

IMG_9734


























「赤〜いりんご御所川原」は、
青森県五所川原市で生まれた特別なりんごです。

果肉まで赤く、花や葉や枝までも赤い、
世界的にも大変珍しい品種のりんごとして
近年注目度が高まってきています。


nice things.
(発行:株式会社ミディアム/発売:実業之日本社)
▽公式サイトは下記をクリック
http://nicethings.jp/

第79回 東京インターナショナル・ギフト・ショー 春 2015

カテゴリ:
年に2回、東京・有明の国際展示場「東京ビッグサイト」で開催される展示会
「東京インターナショナル・ギフト・ショー」が
今年は2月4日(水)から開催となります。

IMG_9546
















「みうらまなみ」の展示ブースは「東2AV14」です。
「東2」の「ARTIST VISION」というゾーンにあります。
お時間がございましたら、ぜひお立ち寄りください。

日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市
第79回 東京インターナショナル・ギフト・ショー 春 2015
会期:2月4日(水)、5日(木)、6日(金)

▽公式サイトは下記をクリック!
http://www.giftshow.co.jp/

CD『野澤徹也による川崎絵都夫・三味線作品集』

カテゴリ:
三味線演奏家 野澤徹也さんの新作CDの
ジャケットデザイン制作を担当させていただきました。
野澤さんの通算15枚目となるアルバムです。

kawasaki



















作曲家の川崎絵都夫さんがお寄せになられたコメントです。
「野澤さんの凛とした音のたたずまいは大変魅力的です。
 また現代邦楽にほぼ専念している活動は希少で
 他に類を見ません。
 委嘱活動も盛んに行っており、
 現代邦楽の三味線曲を多数生み出す「源泉」
 となっていることも特記すべきでしょう。」

三味線演奏家 野澤徹也 WEBサイト
http://www.k5.dion.ne.jp/~nozawa/

新年あけましておめでとうございます。

カテゴリ:
20150101















象形文字で木の枝葉が茂った様を表している「未」。
未の月にあたる6月は、様々な作物が成熟する大切な季節で、
「未」という文字には、豊作への願いがこめられているのだそうです。

今年は植物の絵もいろいろ描いていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

小田原梅の生ようかん(ジンジャー入り)

カテゴリ:
小田原柑橘倶楽部の商品ラインアップに
新たな仲間、「小田原梅の生ようかん(ジンジャー入り)」が加わりました。

「ジンジャー(生姜)」のサッパリした風味を残した
梅味の美味しい羊羹です。

今回もパッケージのデザイン制作を
担当させていただきました。

IMG_9349














関東地方に一足早く春の訪れを告げる、
神奈川・小田原の曽我梅林。
鎌倉時代から梅の栽培が盛んに行われてきました。

毎年2月には3万5千本もの梅の花が咲き乱れ、
梅林から富士山をのぞむ昔ながらの自然の風景が
今も多くの人々を魅了しているそうです。

IMG_9359











「小田原梅の生ようかん(ジンジャー入り)」は、
かながわブランド農産物に指定されている
小田原の特産物「小田原梅」と国産の生姜を使用した、
余計な添加物を使わない手づくりの羊羹です。


IMG_9363


















これで、小田原の農産物を使った
3種類の羊羹が出そろいました。

片浦レモンジェラート

カテゴリ:
小田原柑橘倶楽部の新商品
「片浦レモンジェラート」のカップの
パッケージデザインを担当させていただきました。

IMG_1211_2


















夏の暑い日に小田原方面にお出かけの際には、
ぜひ「片浦レモンジェラート」を!

IMG_9136

















片浦レモンの果汁をたっぷり使用した
夏にぴったりの爽やかな酸味を
どうぞお楽しみください。

小田原・伊勢屋の「雫(しずく)もち」

カテゴリ:
神奈川・小田原の老舗和菓子店 伊勢屋さんの
夏の新商品「雫(しずく)」が発売されました。
(ラベルシールのデザイン制作を担当させていただきました)

IMG_9061













わらびもちをベースにし、アレンジを加えた和菓子ですが、
モチモチっとした食感があり、食べごたえがあります。

IMG_9067














IMG_9070














さっぱりしたレモン味(片浦レモンを使用)と
定番の小倉あん味の2種類。
(さらに味のバリエーションが増える予定もありとのこと)

冷やしていただくと美味しい、
新たなひと品です。

CD『光を花と散らす』のジャケットデザイン

カテゴリ:
作曲家 マーティン・リーガン氏の
和楽器の為の作品第3集
CD『光を花と散らす』の
ジャケットデザイン制作を担当させていただきました。

v_music_marty02_b

















アルバムタイトルでもある
「光を花と散らす」は、
女声と二十五絃と尺八のための曲で
能楽の趣を反映した深い詩的なテキストを伴う
という作品です。

メーキング・オヴも、ぜひご覧ください。
http://www.martyregan.com/jp/works/scattering-light-scattering-flowers/

CD『野澤徹也によるマーティン・リーガン・三味線作品集』

カテゴリ:
三味線演奏家 野澤徹也さんの新作CDアルバムの
ジャケットデザイン制作を担当させていただきました。

v_music_marty03_b



















今回は、作曲家 マーティン・リーガン氏の
現代邦楽作品を集めた作品集です。




マーティン・リーガン氏は、東京音楽大学大学院に留学。
以来、日本文化の中に自らの身を置きながら、
邦楽器を用いた作品作りを広く展開。
また、尺八奏者としての研鑽も続けながら、
他のアジアの楽器、例えば韓国、中国、インドネシアの
伝統楽器についても、実際に現地に赴いて研究を続け、
それらの楽器の音楽的特性を生かした作品を発表し続けている。
表面的に異文化の音楽要素を自作品に借用するのではなく、
その音楽が育まれた文化的、社会的背景を学ぶ中で得られた
知識や感性を作品作りに反映させるというリーガン氏の真摯な姿勢は、
作曲家として、また研究者として、大いに評価されるべきであろう。
(作曲家 佐藤容子)




今回のCDは、野澤さんの通算14枚目となるアルバム。

“現代の”三味線を中心としたアンサンブルを
ぜひ多くの方々にお聴きいただけたらと思います。


三味線演奏家 野澤徹也 WEBサイト
http://www.k5.dion.ne.jp/~nozawa/

作曲家 マーティン・リーガン WEBサイト
http://www.martyregan.com/jp/

「ワンダーアップル」ジュースのシンボルキャラクター

カテゴリ:
デザインを担当させていただいた
「ワンダーアップル」ジュースの商品ラベルには、
青森市の鳥でもあるふくろうが2羽、
シンボルキャラクターとして描かれています。

その2羽のふくろうが、
ねぶたの「ハネト」となって踊っているバージョンも新たに作り、
6本入り箱に貼るシールを制作させていただきました。

nebuta_seal
























青森の観光施設に加え、
渋谷ヒカリエ8Fの「d47 design travel store」でも販売しています。

IMG_8615_2














小田原キウイの生ようかん

カテゴリ:
「片浦レモンの生ようかん」に続き、
小田原柑橘倶楽部の商品ラインアップに
新たな仲間が加わりました。

「小田原キウイの生ようかん」です。

IMG_8844















神奈川・小田原のキウイフルーツは、
1970年頃から栽培が始まり、
今では、小田原地域の果物としては、
みかん、梅に次ぐ収穫量があるそうです。

今回の商品開発にあたって、
地元の農家さんからキウイフルーツを仕入れ、
老舗和菓子店の伊勢屋さんが
白あんベースのようかんに仕上げました。

甘さはひかえめで、ほのかな酸味もあって、
キウイの種のつぶつぶがいいアクセントになっています。

IMG_8886











私はパッケージ箱のデザイン制作を担当させていただくとともに、
百貨店さんが夏の御中元用として
ようかん3本入りボックスを販売する際に使用する熨斗も
あわせてデザインさせていただきました。
(小田原柑橘倶楽部ならではの個性的な熨斗になりました)
IMG_8902

暑中お見舞い用サマーポストカード

カテゴリ:
暑中お見舞い用サマーポストカードのイラストを
2種類制作させていただきました。

IMG_8605














「蝉の声が聞こえるひまわり畑」と、
「風鈴とすいか」を描いています。

5月から全国の文房具店やスーパーなどで販売しています。

小田原・伊勢屋の「片浦レモンどら焼き」

カテゴリ:
神奈川・小田原の老舗和菓子店・伊勢屋さんの
「どら焼き」のラインアップに、
2014年5月から「片浦レモンどら焼き」が新たに加わりました。
(パッケージのデザインを担当させていただきました)

IMG_8821














地元の農産品である「片浦レモン」は、
小田原柑橘倶楽部の地域振興サイダーや生ようかんをはじめ、
食材として様々なかたちで使われています。

今回の「片浦レモンどら焼き」は、
白あんの中に、たっぷりのレモン味がきいていて、
さわやかな味わいに仕上がっています。

IMG_8825










伊勢屋さんでは、通年販売しているベーシックなどら焼きに加えて、
季節ごとに、いろいろな味わいのどら焼きも楽しむことができます。

伊勢丹新宿店 東北特集 〜東北の恵みに感謝〜

カテゴリ:
伊勢丹の東京・新宿店B1Fにて
「東北特集 〜東北の恵みに感謝〜」
というフードコレクションが現在開催されています。

その一画で、私がラベルのデザインを担当させていただいた
カルネさんの「ワンダーアップル」ジュースも
フルラインアップが陳列され、販売されています。

IMG_8613









特に注目されているのは、
「果肉まで赤く、花や葉や枝までも赤い、
 世界的にも大変珍しい品種のりんごを丁寧に搾った
 赤〜いりんごジュース」です。
この「赤〜いりんごジュース」は、
やや酸味がありますので、さっぱりとした味わいを楽しめ、
焼酎割りなどにもおすすめです。
ぜひお試しになってみてください。

IMG_8611









伊勢丹新宿店 東北特集 〜東北の恵みに感謝〜
■4月15日(火)まで
http://www.isetan.co.jp/icm2/jsp/store/shinjuku/foods/

『地域発 ヒット商品のデザイン』に掲載

カテゴリ:
書籍『地域発 ヒット商品のデザイン』
(発行:パイ インターナショナル)に
小田原柑橘倶楽部の「地域振興サイダー」が掲載されました。

chiikidesign
















IMG_8572
















▼パイ インターナショナル + ピエ・ブックスのWEBサイトはこちら


『地域発 ヒット商品のデザイン』には、
日本全国のたくさんのお土産物や特産品の
パッケージデザインがカラー写真で掲載されています。

書店のデザイン関連書籍のコーナーにて
ぜひお手にとってご覧ください。

鎌倉屋のフレーバーティー

カテゴリ:
「鎌倉屋」さんのリニューアルオープンにあたっての
新アイテム、3種のフレーバーティーの
ラベルデザインも担当させていただきました。

IMG_8489








IMG_8536








「さくら緑茶」、「あじさい緑茶」、「さくら烏龍茶」です。

IMG_8541









小分けパッケージもあります。


やわらかなフレーバーが
ふんわり香る「さくら緑茶」が
いまの季節のおすすめです。

IMG_8564

鎌倉屋オリジナル 「鎌倉こよみ」

カテゴリ:
神奈川・鎌倉のメインストリート、
小町通りの入口すぐのところにある
「和」をテーマとしたお土産店「鎌倉屋」が
2014年3月20日に
リニューアルオープンしました。

IMG_8491









オリジナルの新商品「鎌倉こよみ」は、
10種類のお菓子など(煎餅、金平糖、飴、茶)の中から
好みのものを自由にチョイスし、
また、それらのお菓子を入れる箱を
24種類のイラスト・ラベル付の小箱の中から
好みに合わせて選ぶことができます。

IMG_8515









その24種類の小箱用のイラスト制作を担当させていただきました。
鎌倉の四季折々のお花や風景、お祭りの様子などを描いております。

IMG_8509










おかげさまで、リニューアルオープン後の
人気アイテムとなっているようで、
売り上げも好調とうかがっております。

鎌倉方面にお出かけの際には
お土産に、プレゼントに
ぜひどうぞ。

片浦レモンの生ようかん

カテゴリ:
神奈川・小田原の老舗和菓子屋さんの
商品ラインアップに、新たに
「片浦レモンの生ようかん」が加わりました。

小田原・箱根エリアで大人気となり、
地域発のヒット商品として、いま注目されている
「地域振興サイダー」を手掛けた
小田原柑橘倶楽部。

IMG_8475
















(写真は、サイダーをはじめとした、小田原の地域振興アイテム)


その小田原柑橘倶楽部の新商品開発プロジェクトから
「片浦レモンの生ようかん」は生まれました。

小田原・伊勢屋さんが販売元となり、
伊勢屋本店と伊勢屋小田原ラスカ店にて
ただいま好評販売中です。

IMG_8452









packaging design: Manami Miura


「地元小田原の食材を使った、お土産としても喜ばれるお菓子」
を目指し、
レモンの果汁は手作業で絞り、
皮の部分は2日間かけて丁寧にマーマレードにし、
レモンの風味が爽やかな、
小田原ならではの手作りようかんが完成。

IMG_8460









小田原・伊勢屋さんの「商品おしながき」ページ


この「生ようかん」シリーズは、
今後も新商品が出る予定とのことですので、
どうぞお楽しみに。

パッケージリニューアル後、売り上げ好調の「どら焼き」

カテゴリ:
神奈川・小田原の老舗和菓子屋さんの
「どら焼き」のパッケージをリニューアルする
というお仕事をいただきました。

そこで、東京・新宿や渋谷のデパ地下に行き、
いろいろなお店のどら焼きを見てまわり、
実際に購入し、食してみました。
どら焼きは、近ごろは、ちょっと小ぶりなタイプのほうが
どのお店でも人気のようです。

小田原の伊勢屋さんの「どら焼き」は、
「小田原らしさ」をパッケージでも少し表現しようということで、
透明な袋の上に、かわいらしい梅の花を散りばめたデザインに。
(梅は、小田原市の「市の花」です)

おかげさまで、パッケージリニューアル後、
売り上げも好調とのことです。

IMG_8387









ただいまの季節は「桜どら焼き」が
皆さんに大好評です。

IMG_8425








packaging design: Manami Miura

和と洋が美味しく融合した菓子「つるのこもち」

カテゴリ:
神奈川・小田原の老舗和菓子屋さんの
名物の一つ「つるのこもち」は、
すあまをベースに、
さらにフレーバーのアレンジを加えた
平たい卵形をした餅菓子です。

IMG_8437









「つるのこもち」自体は、
伝統の和菓子の一つとしても知られていますが、
小田原の伊勢屋さんの「つるのこもち」は、
ひと味もふた味も違います。

いま味わうことができるのは、
芳醇な香りのチョコ味(これが実に美味!)と、
小田原地域で栽培されたバレンシアオレンジを使用した
オレンジ味(期間限定)の2種類。
いずれも、老舗の和菓子屋さんとプロのフードアドバイザーさんが
タッグを組んで開発した逸品です。

上新粉を使用した、ほんのりした甘さとモチモチの食感は、
伝統の和菓子ならではですが、
それでいて、その味わいはというと、
まるで洋菓子!でもあるかのような
文字通り新感覚のお菓子です。

6個詰の箱入もぜひ!

v_food_iseyabox_b








IMG_8411









packaging design: Manami Miura

小田原 伊勢屋

ジューシーで美味しい「いちご大福」

カテゴリ:
神奈川・小田原の老舗和菓子屋さんの
「いちご大福」は、甘さひかえめで
とってもジューシーで美味しいです。

やわらかな大福餅の中に入っている苺は、
地元のいちご農家さんから
直接分けていただいているとのことで、
そのためかコンビニ等で売っているいちご大福と比べて
苺そのもののジューシーさが違い、
みずみずしくフレッシュな苺本来の味を楽しめます。

私がお店にうかがったときも、
この「いちご大福」のファンとおぼしき高校生のカップルが
仲良く1個ずつ買い求めていました。

IMG_8399









packaging design: Manami Miura


「いちご大福」を味わえるのは、
3月いっぱいくらいまでだそうなので、
小田原にお立寄りの際にはぜひどうぞ。

IMG_8380










伊勢屋 小田原ラスカ店

小田原の老舗和菓子屋さんの店舗リニューアル

カテゴリ:
神奈川・小田原の老舗和菓子屋さんの
店舗リニューアルに際して、
壁面のビジュアルや看板ロゴ、のれんのデザインなどを
担当させていただきました。

お店には、地元の長年のファンの方々はもちろん、
観光客の方も大変多く訪れるということで、
小田原のシンボルである「小田原城」と「梅」と「海」をモチーフに
制作させていただきました。

IMG_8379









壁面のビジュアルは、
横幅3メートル×高さ1.3メートルの巨大な和紙素材に、
シルクスクリーンで制作していただいています。
(写真ではよく見えませんが)和紙素材が雰囲気のあるもので、
とても暖かみを感じます。

IMG_8384









普段コンピュータの画面にむかい、
グラフィックデザインやイラストの仕事をしていると、
「大きな絵を制作してみたいなあ」と
ふと思うことがありますが、
店舗の内装のお仕事は、今回のように
大きなサイズのビジュアルとして取り扱っていただける機会もあるので
とてもうれしいです。

そして、お店は繁盛しておられるようで
大忙しの様子でした!

小田原みかんドロップ 好評発売中

カテゴリ:
「片浦レモンドロップ」に続いて、
小田原柑橘倶楽部の新商品開発プロジェクトから
「小田原みかんドロップ」が生まれました。

小田原・箱根エリアで
ただいま大好評販売中です。

IMG_7041
















Design & Illustration: Manami Miura

小田原みかんドロップは、
「地域振興アイテム」として親しまれている
片浦レモンサイダー、小田原みかんサイダー、曾我之梅サイダー
の姉妹品です。

IMG_7028











小田原・箱根のおみやげに!
ぜひご賞味くださいませ。

小田原柑橘倶楽部はこちらから

このページのトップヘ

見出し画像
×