老人ホーム ボランティア演奏  7

カテゴリ:
老人ホームでの沖縄三線と二胡のチームによるボランティア演奏会は
第7回目を迎えました。

今回は沖縄三線を弾きはじめて半年、という方も初参加してくれました。
メンバーが増えると音にも迫力が出るのでいい感じです。

プログラムには夏らしいかなと思い「三池炭坑節」を入れました。

おじいちゃん、おばあちゃんたちも、皆さんよくご存知の曲ということで、
一緒に唄ってくれたり、リズムをとってくれたりしました。

曲のセレクトは毎回難しいですが、
今日のように喜んでいただけて、反応がよいと
やはりとてもうれしいです。


老人ホーム ボランティア演奏
2006年7月23日 プログラム

1 「うみ」 (二胡)
2 「みかんの花咲く丘」 (二胡)
3 「てぃんぐさぬ花」 (三線)
4 「三池炭坑節」 (三線)
5 「でんさ節」 (三線)
6 「豊年音頭」 (三線)



今回は、新しい衣装も作ってみました。
夏らしい沖縄風チャイナブラウスです。
演奏しているととても暑いので、綿素材はなかなか快適です。

チャイナ服

カテゴリ:
東京国立博物館で開催中の
「プライスコレクション 若冲と江戸絵画展」を見にいきました。

アメリカのジョー・プライス氏が収集した江戸時代の画家による作品が
計101点展示されています。

伊藤若冲を中心に、円山応挙、長沢芦雪、酒井抱一、鈴木其一などの作品が
ずらり勢揃いです。

伊藤若冲の作品は好きで、作品集をよく眺めていたのですが、
今回の展覧会では、その実物を、その色鮮やかな色彩を楽しむことができました。
また、墨一色の作品もじっくりと見ることができました。

加えて、長沢芦雪の「白象黒牛図屏風」の大きさを体感できたことも感動でした。
シンプルな線がのびのびとしていて、気持ちいい作品でした。

また、今回の展覧会では、ガラスケースを用いずに、光の効果に工夫を凝らした
という展示室がありました。

「掛け軸や屏風を、その当時の家屋の中の光にあわせてみると
果たしてどんなふうに見えるのか?」という観点からの展示です。

空間にそそがれる光の強弱によって、
ずいぶんと絵の表情は違ってみえるものですね。

プライスコレクション 「若冲と江戸絵画」展 オフィシャルサイト

カテゴリ:
銅版画家の南桂子さんの展覧会「bonheur ボヌール」を見にいきました。

南桂子さんの作品は、童話からぬけでたような少女や鳥、羊、草花が描かれていて、
幻想的な物語を感じます。どの作品も、静かで、とても素敵な線を味わえます。

カラーエッチングを自分でもやってみたくなりました。

アンコール延長で、展示作品を入れ替えての第2弾も開催するそうです。


南桂子 -bonheur- 

第1弾 2006年4月25日(火)〜8月6日(日)
第2弾 2006年8月22日(火)〜9月18日(月・祝)
月曜休館(ただし7/17(祝)開館、翌7/18(火)休館)

ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-7
Tel:03-3665-0251 Fax:03-3665-0257

アオザイ風の衣装

カテゴリ:
程農化先生および二胡奏者の仲間の皆さんとともに
埼玉の幼稚園とお寺で、二胡のボランティア演奏が行われ、
私も演奏者の一員として参加させていただきました。

幼稚園児170名の歌声、笑い声はとっても素直で、「元氣」をたくさんもらいました。

この演奏会のために、アオザイ風の衣装も作ってみました。

民族衣装が大好きなので、いろいろと本を見ながら
中国少数民族「イ族」の刺繍を参考にしながらデザインをおこし、ミシン刺繍もしてみました。

お寺での演奏では、檀家のみなさんに中国人と間違われるほどでしたので、
どうやらこの服は似合っていたようです(笑)。

アオザイ1

カテゴリ:
東京/両国のシアターX(カイ)で行われた
巻上公一・マキガミックテアトリック 「シークレットカンフーシアター」 「月下のエーテル」
を見にいきました。


「シークレット・カンフー・シアター」
  敦煌の壁画に描かれた天女から想を得た
  幻の流派に伝わる門外不出の秘技が
  闇の中に忽然と現われる。
  夢とも現実ともつかぬ静寂と凄烈のひしめき。


「月下のエーテル」
  指の生えた月から燃え上がったのはテルミン。
  喉よりの使者は急を告げ、カタツムリの特急でゆく
  ふたりのテルミニスト。
  巻上公一とやの雪による至福のデュエット。



巻上さんは、マザーシップでおこなわれる「巻上公一のヴォイス・パフォーマンス講座」では
最初にノドをあたためるために、カンフーの動きを少し取り入れておられます。
その動きは、とても鋭く、なめらかで、見ていて気持ちがいいです。



カテゴリ:
老人ホームでの沖縄三線と二胡のチームによるボランティア演奏会は
第6回目となりました。

今回は、以前に比べれば少し余裕を持って演奏できました。

演奏中に楽譜ばかりを見ていると、聴いてくださっている皆さんの表情がわからないので、
できるだけ暗譜して本番にのぞむようにしました。

演奏しているときに、一緒に口ずさんでくださる声が聞こえてくると
本当にうれしいです。


老人ホーム ボランティア演奏
2006年6月25日 プログラム

1 「七夕さま」 (三線+二胡)
2 「花」 (三線+二胡)
3 「夏は来ぬ」 (二胡)
4 「豊年のあやぐ」 (二胡)
5 「涙そうそう」 (三線)

カテゴリ:
沖縄三線合宿2006(1泊2日)を企画・開催しました。

会場は千葉の「岩井浜」の海がすぐそばのところにある音楽合宿所です。

三線合宿は、マザーシップで沖縄三線教室をはじめてから
今年で3回目を迎えました。

毎回、合宿では集中して練習できるので、少し難しめの曲に挑戦します。

今回は「ヒヤミカチ節」と「豊年音頭」にトライしました。(初心者の方には別コース)

カテゴリ:
老人ホームでの沖縄三線と二胡のチームによるボランティア演奏会は
第5回目となりました。

今回は「風船バレー大会」というイベントもあり、
そのイベントの前に演奏会を行うこととなりました。

会場に行ってびっくり!
いつもは各フロアで演奏を行うので、
だいたい30名くらいの前での演奏なんですが、
今回大きなパーティールームにお集りいただいた皆さんは、なんと80名以上!

少し緊張気味のスタートでしたが、なんとか無事演奏できました。


老人ホーム ボランティア演奏
2006年5月28日 プログラム

1 「茶摘み」 (三線)
2 「童神」 (三線+二胡)
3 「おぼろ月夜」 (二胡)
4 「見上げてごらん、夜の星を」 (二胡)
5 「永良部百合の花」 (三線)
6 「十九の春」 (三線)

コサージュの工房 アトリエ染花 25周年

カテゴリ:
「アトリエ染花」の25th Anniversary <Transparent〜透明〜>
を見に行きました。

「アトリエ染花」はコサージュの工房です。

白い布を1枚1枚染めて、世界に一輪の花が生まれていきます。

ISSAY MIYAKEやKANEKO ISAO、KEITA MARUYAMAをはじめ
50以上のメゾンの花作りに携わり、ファッション界の人々を支えてきました。

いろいろなコサージュをたくさん見ることができる機会はめったにありません。

展覧会の会場は、東京・池袋にある「自由学園 明日館」講堂。

会場に入ると、ちょっと幻想的な雰囲気につつまれます。

重要文化財である建物も楽しめます。

自由学園1






「アトリエ染花」の25th Anniversary
<Transparent〜透明〜>
2006年6月8日〜10日
10:00〜20:30(最終日は17:00迄)

アトリエ染花のホームページ

カテゴリ:
「きょうの猫村さん2」がめでたくリリース!

手ぬぐい&石けん付「湯けむりバージョン」をゲットしました。

「きょうの猫村さん1」を読んで、
早く続きが読みたいと思っていた方も多いのでは。

情にもろく、家事は完璧!犬神家にご奉公するスーパー家政婦の猫村ねこ。

最高の超脱力漫画です。

KIMONO小袖展

カテゴリ:
女子美術大学美術館で開催されている、
「KIMONO小袖展」を見にいきました。

小袖は現在の着物の祖型となるものです。

江戸時代には様々な染織技法が用いられ、
多彩で華やかなデザインの世界が展開されました。

美しい花々や動物たち、風景や吉祥文様などを身にまとい、
季節を着て楽しむという感覚がとても豊かだった時代です。

いま、実際に本物を見て、当時の職人さんたちの
圧倒的に丁寧な仕事ぶりや色彩豊かな染色の技、そして大胆なデザインに
ほれぼれしてしまいました。

小袖

10W gallery 猫のクーとチチ

カテゴリ:
大阪のテンワットギャラリーさんの企画展
「猫踏んじゃったなギャラリー・PART4」に行ってきました。

猫好きにはたまらない企画です。
どこを見ても猫、ネコ、ねこです。

そして、「ギャラリー猫のクーとチチ」もいます。

来場したお客さんは必ずクーとチチのショットを携帯におさめていきます。

テンワットギャラリー クー







クーちゃんは全く人見知りせず、まさしく招き猫。
「いらっしゃいませ。どうぞごゆっくり」

テンワットギャラリー チチ









チチちゃんはそんなクーちゃんを見守っています。
「きょうもお客さん、いっぱいだね」


とっても居心地のよいギャラリーでした。


▼さらに詳しくはこちら
http://cat10w.exblog.jp/

老人ホーム ボランティア演奏 4

カテゴリ:
「端午の節句」にちなんで、
世田谷区にある老人ホームでのボランティア演奏を依頼されました。

沖縄三線と二胡によるボランティア演奏会は第4回目を迎えました。

今回は約1時間の演奏プログラム。
沖縄三線7名、二胡2名による演奏です。

こんなに長い時間の演奏会ははじめてで、ちょっと心配でしたが、
無事、演奏でき、アンコールまでいただきました。

「一生懸命演奏してくれて、ありがとう」

「いい音でした」

「明るい気分になりました」

と言っていただけて本当によかったです。

楽しい「こどもの日」になりました。

レイベック芦花公園2



レイベック芦花公園1







老人ホーム ボランティア演奏
2006年5月5日 プログラム

1 「こいのぼり」
2 「北国の春」   
3 「上を向いて歩こう」
4 「見上げてごらん、夜の星を」
5 「鷲ぬ鳥 節」
6 「でんさ節」
7 「童神」
8 「花」
9 「娘ジントヨー」
10 「豊年節(奄美の唄)」
11 「サーサー節」
12 「赤田首里殿内」
13 「安里屋ゆんた」

10W galleryの恒例行事の猫好きフェスティバル

カテゴリ:
5月7日(日)〜20日(土)に
大阪のテンワットギャラリーさんで開催される企画展
「猫踏んじゃったなギャラリー・PART4」に参加することになりました。


10wギャラリー






▼テンワットギャラリーさんのWEBサイトは下記をクリックしてご覧ください。
http://www.10w.jp/


 10W galleryの恒例行事の猫好きフェスティバル
 『猫踏んじゃったなギャラリー』も今年で4回目。

 昨年は47名の参加作家さんと700名以上のお客様で賑わいました。

 2006年も猫をテーマにした作品たちであふれるギャラリーで
 お気に入りの作品と出会ってください。

 参加作家さんやお客様たちとのお猫なおしゃべり、
 そしてギャラリー猫のクーとチチの生猫接待もお楽しみください。




最大のサービスは「生猫接待」ですね(笑)。

猫OK!な方はぜひ。


▼「ギャラリー猫のクーとチチ」が気になる方は、こちらもチェック!
http://cat10w.exblog.jp/


5月7日(日)〜20日(土)の会期中は無休で
15時から20時がOPEN時間となっています。

よろしければぜひお立ち寄りください♪

程農化 二胡リサイタル「琴韻」

カテゴリ:
2006年4月21日 さいたま芸術劇場にて
程農化先生の二胡リサイタル「琴韻」が開催されました。

ピアノデュオやマリンバと二胡との共演で、華やかなコンサートとなりました。

程農化先生の弟子14人が先生と一緒に演奏するという演目もありました。
曲は、先生が来日後に作曲された「ママの泪」です。

本番に向けて、毎週練習会をしてきたものの、
やはり満員のお客様を前にしては緊張せずにはいられません。
舞台にあがったときには何も考えられませんでした。
ただただ気持ちを合わせることに集中しました。

素晴らしい機会をいただけたことに感謝いたします。

コンサート琴韻

老人ホーム ボランティア演奏 3

カテゴリ:
先日、都内の老人介護施設にうかがって
沖縄三線と二胡の組み合わせで演奏をしてきました。

月1回のペースで今年1月からスタートし、
今回で3回目となりました。

東山ホーム06042301







「こいのぼり」、「蘇州夜曲」、「バラが咲いた」、「明日があるさ」
を二胡と沖縄三線であわせて演奏しました。

おじいちゃん、おばあちゃんたちも「バラが咲いた」を一緒に唄ってくれました。

最後は沖縄民謡の演奏に合わせて
二胡のメンバーもはじめてのカチャーシー。

皆さんも自然に手を挙げて踊ってくれました。
一緒に楽しんでいただけて、とてもうれしいです。

東山ホーム06042302






東山ホーム06042303

老人ホーム ボランティア演奏 2

カテゴリ:
再び、都内の老人介護施設にうかがって
沖縄三線と二胡の合同チームでボランティア演奏をしてきました。

このボランティア演奏活動は今年の1月から開始。

マザーシップの沖縄三線教室と二胡教室の生徒のみなさんに加え、
それぞれの三線仲間、二胡仲間も合流し、演奏チームを結成しました。

今回、この老人介護施設での演奏は2回目ということもあり
季節感のある曲も盛り込みつつ、
できるだけみなさんが知っている曲を選ぼうと
CDをいろいろと聴いて事前検討。

「春の小川」、「北国の春」、「浜千鳥」、「上を向いて歩こう」などを
今回は演奏することにしました。

そして今回は諸事情あって、私は楽器を演奏しないで、ボーカルです(笑)。
人前できちんと歌うのは中学の時の合唱以来です。

おそるおそる歌いはじめると、
懐かしいメロディーラインということもあって、
おじいちゃん、おばあちゃんたちも
自然と手を動かしたり、リズムをとってくれたりして
また、私のほうも皆さんのお顔を見ながら歌うと、
だんだん自然といい感じになってきて、無事歌え終えることができました。

聴いてくださっている方のなかには
とっても歌が上手な方もいらっしゃって、一緒に歌ってくださいました。
すごいうれしい体験でした。
演奏チームのみんなも思わず「すごーい!」と拍手。
聴いてくださるおじいちゃん、おばあちゃんたちとの距離が近くなったなあと実感できました。

次回も楽しい曲、懐かしい曲を準備しようと思います。

こんなすばらしい機会を与えてくださっている皆さんに心から感謝いたします。

東山ホーム06032603






東山ホーム06032602






東山ホーム06032601

カテゴリ:
3月1日発売号の雑誌BRUTUSは「動物園特集」です。

「世界の、日本のスター動物に会いに行くためのデータブック」
という綴じ込みブックがついていて、見ているだけで和みます。

さすが、世界のスターどうぶつは、顔もポーズもいけてます。

漢詩とイラストレーションのコラボレーション

カテゴリ:
新作ができました。

タイトルは『月の舟』と『虎よ』です。

2作品とも、漢詩とイラストレーションを組み合わせた
コラボレーション作品になっています。

漢詩作は、二胡演奏家の程農化(てい のうか)先生です。

私の二胡の師匠でもある程先生に、絵を観ていただいて
漢詩をつくっていただきました。

かわいらしさと渋さとが共存していて、
自分としては「新境地」という感じです。

月の舟



虎よ

カテゴリ:
三味線・野澤徹也さんと尺八・クリストファー遙盟さんのライブに行ってきました。

尺八のどこまでも遠くへ連れていってくれる風の音と
三味線の波の音とで、気分が高揚しています。

今日のライブでは「さわり」といって
一つの音を出した時にでる他の弦が共鳴する音や
また、「すべり」音などの音色も楽しめました。


尺八・クリストファー遙盟さんのサイトはこちらから

三味線・野澤徹也さんのサイトはこちらから

古代宇宙

カテゴリ:
新作ができました。

今から約5,000年ほど前に古代エジプト人が考えた宇宙
をイメージして描きました。

その昔、夜空の満天の星は
「大宇宙の天井から細い糸で吊るされている」と考えられていたんだそうです。

なんともロマンチックな気分にさせてくれます♪

古代宇宙

カテゴリ:
戌年らしい映画がやってきます。

タイトルは「イヌゴエ」。

ふとしたことから犬の声が聞こえるようになってしまった臭気判定士の青年。
犬の本音がわかったことから彼自身の人生が大きく変わっていく。

解説を読むと、犬の声はどうやら関西弁らしいです。聞いてみたいですね。

イヌゴエ詳細はこちらから>>

老人ホーム ボランティア演奏 1

カテゴリ:
先日、老人介護施設にうかがって
沖縄三線と二胡の演奏者のチームで
ボランティア演奏をしてきました。

きっかけは、マザーシップの沖縄三線教室の生徒さんからのご紹介で、
東京・目黒区の「東山ホーム」というところで演奏することになり
沖縄三線教室、二胡教室の生徒さんたちに声をかけて、
演奏チームを結成。

みんな老人介護施設へ演奏に行くのは初めてで
おじいちゃん、おばあちゃんたちに楽しんでいただくために
どんな曲がいいのか、衣装はどうするかなど
ミーティングしながら準備を進めていきました。

本番当日は、わたしたちの演奏を聴いている途中、
突然、何かを思い出したのか、泣き出してしまわれる方もいて
演奏している私たちも、もらい泣きしてしまう場面もありました。
本当にうれしかったし、ありがたかったです。

「また来てねー」とお見送りまでしてくれたおばあちゃんの笑顔に
私たちのほうが元気をいただきました。

三線メンバーが記録DVDもつくってくれて、さっそく見てみました。
演奏している姿は、正直はずかしいです。
改善すべきところが、たくさんあって勉強になります。

これからのテーマは
「できるだけ楽譜を見ずに笑顔で演奏!」です。

それと人前で演奏できる持ちネタを増やさないと・・・。


老人ホーム ボランティア演奏
2006年1月22日 プログラム

1「しゃぼんだま」
2「浜辺の歌」
3「知床旅情」


2月12日には「レインボー明石」という施設で演奏することも決まりました。
これから定期的に、こうやってボランティア演奏の機会をいただいて、
聴いてくださる皆さんに楽しんでいただけるプログラムを目指して
みんなでがんばって練習に励んでいきたいと思います。

東山ホーム3






東山ホーム2










東山ホーム1

お礼状をいただきました。

カテゴリ:
いま、動物絵師WEBでは、ポストカードをもれなく無料プレゼント中です。

なんと8歳の子から80代のおじいちゃん、おばあちゃんまで
ビックリするほど幅広い世代の皆様からご応募いただいてます。

先日、すてきなお礼状もいただきました。

---おたより---
ポストカードを小5と小3の孫娘に見せたら
可愛い可愛いと喜んでいました。
私も写真を少しやっているので
色とか構図とか勉強になります。


雪のサザンカ






一緒に添付いただいたお写真もとてもすてきでした。

雪につつまれたサザンカの美しさに
しばし魅入っていらっしゃる姿が目に浮かびます。

本当にすてきなお便りありがとうございました。

二胡演奏家 程農化さんのコンサート「琴韻」

カテゴリ:
「EXILE(エグザイル)」との全国ツアーでの演奏も一段落して
いま一息ついている二胡演奏家の程 農化さん。(私の二胡の先生です)

来たる4月21日には、彩の国・さいたま芸術劇場の音楽ホールで
「琴韻」と題したコンサートが開催されます。

今回は、木内佳苗さん・大嶋有加里さんのピアノデュオ「デュエットゥ」、
そしてマリンバ演奏家の大橋エリさんをゲストにお迎えして
二胡とピアノ、二胡とマリンバというコラボレーションです。

程農化リサイタル0421











私は、フライヤーとプログラムのグラフィックデザインを担当させていただきました。

今回は、程先生のお弟子さん「正風二弦会」のみなさんの演奏も
2曲ほど予定されており、私も参加する予定なので、これから本番に向けて猛練習!です。

三味線演奏家 野澤徹也さんの3rdアルバム

カテゴリ:
三味線演奏家 野澤徹也さんの3rdアルバム
「野澤徹也3 三味線協奏曲」がリリースされました。

野澤さんは「三味線のイメージを一新する、若き弦楽器奏者」として、
邦楽のみならず、さまざまなジャンルの音楽家、作曲家からも注目されています。

野澤徹也CD3









私は、野澤さんのアルバムのジャケットデザインを担当させていただいてます。
今回で4枚目となりました。
今回も、レコーディングを終えたばかりのホヤホヤの音をいただき
ジャケットデザインの制作をしました。

野澤さんはルックスもかっこいいんですが、人間的にもすばらしい人です。
自らの音楽表現に真摯に取り組む姿勢には、私もたくさん学ばせていただき、
たくさんのパワーをいただいてます。

今回のアルバムには、若手の演奏家たちも多数参加して
熱気あふれる作品となっています。ぜひ多くの皆さんに聴いていただきたいです。

カテゴリ:
私の二胡の師匠、程農化先生のもとで学んでいる野沢香苗さんのライブを聴きに
東京・南青山の「ル・アンジュ教会」へ行きました。

教会で二胡の音を聴くというのは初めての体験で、とても新鮮な感じでよかったです。

ライブの帰りに、程先生とチェンミンさんのお父さんと生徒3人でみんなで食事に。

チェンミンさんのお父さんには、昨年の忘年会で、
しょぼしょぼな私の二胡の音を聞いていただき
「カンがいいから、がんばってね!」と温かいお言葉もいただき
お世辞だとわかっていつつも、かなり元気をいただきました!

ということで、手羽焼きをみんなで食べながら二胡談義に花が咲き
そんななか、一つ大事なポイントということで
二胡を演奏するにあたっては、次の3つのことを考えてみましょう、という課題がでました。

 1. 自分にとって、二胡の音色とは何か。
 2. 自分自身の特長は何か。
 3. 自分の二胡演奏の特長は何か。

二胡について、まだこれらのことは意識したことがありませんでしたが、
「自分の音色」ということを、今年は真剣に探究してみようと思います。
何か発見がありそうな予感がします♪

カテゴリ:
昨日は、六本木ヒルズで今年最後の
「手作りハードカバー製本講座」を行いました。

1年間、たくさんの方々にお越しいただき
本当にありがとうございました。

世界でたった一冊の手作りの本が出来上がるというのは
とてもうれしいものだと思います。

私も自分で手作り製本する作業が大好きです。

講座を受けた方々から
これからつくりたいものをお聞きしていると
皆さんさまざまな用途を考えておられます。

・お子さんのピアノの発表会の写真を一冊の本にまとめたい方
・保育士さんとしてオリジナル絵本を子供たちに読んで聞かせたい方
・卒業記念のアルバムを個性豊かにつくりたい方
・コラージュアート作品を一冊にまとめたい方
・ご自分が撮った写真の作品集をつくりたい方
・詩集やイラスト集をつくりたい方

みなさんの表現活動のお役に立てれば
とてもうれしいです。

カテゴリ:
来月12月10日に
沖縄三線講座の忘年会&発表会が開催されます。

マザーシップのメンバーを中心に
前回よりもさらにパワーアップしたイベントになりそうで
とても楽しみです!

私もまたまた、三線&二胡のユニットの一員として
二胡奏者で参加させてもらうことになりました。

演奏曲を何にするかという打ち合わせで
「今回もちょっと面白い演出をしよう」
というリーダーの発案で
なぜか「プロポーズ大作戦のテーマ」を
登場時に演奏することが決定。

※この曲、ご存じない方もたくさんいそうです。
私の世代や私より上の世代の方にはおなじみのメロディーです♪

ということで、私の参加するユニットは
「コミックバンド」なんです(笑)。

さっそくリーダーから
「キダ・タローのすべて」という
ものすごいマニアックなCDをお借りして
芸の深みへとさらなる一歩を踏み出しました。

※キダタローもご存じない方がたくさんいそうです。
私もあまりよくは知りませんでしたが、スゴイ人です。

で、その迷盤CDを聞きながら、音をとっていき
三線の譜面「工工四(くんくんしーと読みます)」をつくりました。

下記がその譜面です。
三線の楽譜は、ドレミファソラシドが漢字なんです。

リズムは、本調子または早調子と
いたってシンプルな構造のため
ポップス曲などを弾く場合は
「工工四」だけでは読み取れないリズムもあります。

そこで今回は裏技ですが
私なりの工夫ということで
二胡用の「数字符」の記号も取り入れてつくってみました。

わからない方にはちょっと不思議な図のようにも見えるかもしれません。

さあ、あとは練習あるのみです。数稽古は大事です。


「プロポーズ大作戦のテーマ」の譜面

| 乙四四・ | 上四 0 四・- |
| 上尺尺・ | 工尺 0 尺・- |
| 0 五 - 工 | 五工尺四 |
| 上尺尺工 0 尺 | -0五六 |
| 七 - - 七 | 八七五工 |
| 尺 - -尺 | 工尺中上|
| 四 - 五 - | 五 - - 六 |工- - - | - - 五六 |
| 七 - - 七 | 八七五工 |
| 尺 - - 尺 | 工尺中上 |
| 四 - 五 - | 五 - - 工 | 尺 - - - |
| 尺四尺 - |


アンダーラインは8分音符
「-」は1拍伸ばす
「0」は4分休符
0」は8分休符
「・」は1.5拍

招き猫のイラスト

カテゴリ:
瑞氣集門








右手で家庭に幸せを招き
左手でお店や会社にお客様を招くとして
世代をこえて日本人に親しまれている「福を招く猫」。

中央に書かれた言葉、瑞氣集門=「ずいきもんにあつまる」とは
めでたい氣が、その人の家の門に集まってくるという意の吉語です。

右手をあげた猫がまとう赤い服。左手をあげた猫がまとう緑色の服。
それぞれかわいらしい服には、よく見ていただくと
実はちょっと小粋な「亀甲つなぎ」文様が描かれています。

また背景部には「絵」という文字が「出会いの糸」と表すのにちなみ
色とりどりの「糸巻ならべ」文様を配してみました。

東京デザイナーズウィーク

カテゴリ:
11月2日から「東京デザイナーズウィーク」がはじまりました。

出展作品は「Grass Chip Bed」です。

日本の伝統素材「い草」のもつ機能が活きる新しい家具というのがコンセプトで
スーパーロボットさんのチームが構造体を製作し、装飾部分を私が担当しました。

実際に座っていただいて「い草」の香りを楽しんでいただいたり
クッションを触ってもらったりして、「い草」を五感で感じていただけます。

新聞や雑誌の取材もあったらしく、なかなかの評判のようです。よかったよかった。

年々、畳での生活が少なくなっている中で
「なつかしい」とおっしゃってくださる方もいらっしゃいました。

明日、日曜日までですので、お時間がありましたら
赤坂アークヒルズ・カラヤン広場の
東京デザイナーズウィーク「プロ作品展」にぜひお越しください。

東京デザイナーズウィーク

このページのトップヘ

見出し画像
×