カテゴリ:
神奈川・小田原の
小田原城本丸東堀にある花菖蒲園にて
6月はあじさいと花菖蒲を鑑賞できます。

花菖蒲が広く庶民の間で親しまれるようになったのは幕末。

従来は、花そのものを単体で眺めて(生花などで)鑑賞していたようですが、
自然に近い環境の中で周辺の景色と一緒に眺めて楽しむ、という方向へと変化し、
「菖蒲園」という新しい鑑賞スタイルが生まれたのだそうです。

広重の『堀切の花菖蒲(名所江戸百景)』を見てもわかるように
当時からとても人気だったようです。

IMG_0641












梅雨のこの時期にあって
スッとした花菖蒲の群生は
爽やかな感じもしていいですね。

IMG_0621












また、あじさいも様々な種類がありますが、
このお星様のような花びらは特に可愛らしいです。

季節の花を見に出かけるというのは
それぞれの植物の個性的な美しさを感じることができる
本当に贅沢なひとときですね。