カテゴリ

カテゴリ:デザイン&イラスト

第92回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2021 参考資料

カテゴリ:
以下のビジュアルは
今回のギフト・ショーで
展示ブースにお越しくださった皆様からの
お問い合わせが多かった「デザインサンプル」です。

「装飾性の高いデザイン」の一例として
ギフト・ショーの展示用に制作し
皆様にご覧いただきました。


※みうらまなみクリエイティブルームの
 WEBサイト内にある
 「事例ファイル」のページには
 以下の7点の図版は掲載されていないため
 参考資料としてご覧いただけるよう
 こちらのブログにて紹介させていただきます。
 

フレーバーティーボックス_レモン
フレーバーティーボックス_ストロベリー
フレーバーティーボックス_ローズ
フレーバーティーボックス_アップル
ピスタチオ
カシューナッツ
アーモンド

第92回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2021

カテゴリ:
2021年10月13日(水)〜15日(金)に
東京ビッグサイトで開催される
第92回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2021の
「アート&グラフィック・デザインフェア」ゾーンに出展いたします。
IMG_2673




























展示ブースの場所は、
南ホールのブース番号:南1-T05-13です。

ギフト・ショーにお越しの際は、
お時間がございましたら、ぜひお立ち寄りください。
お待ちいたしております。

年賀状2022のデザイン・イラスト

カテゴリ:
コンビニエンス・ストアをはじめ
各社で、「2022 寅年」の年賀状の
予約受付が行われています。
店頭で入手できるカタログには
たくさんのデザインが掲載されています。

みうらまなみクリエイティブルームでは
大手コンビニエンス・ストア様の
年賀状のデザイン制作・イラスト制作を
毎年担当させていただいております。

2022用としては、
雄々しい系のトラから
ファンシー系のトラまで
さまざまなトラさんを描いた
ビジュアルを制作させていただきました。

IMG_2648
































年賀状のデザイン制作・イラスト制作のお仕事は、
おかげさまで今年で10年目を迎えました。

十二支をひとまわりすることを目指しています。

これから年末にかけては、
早くも「2023 卯年」用の
デザイン制作・イラスト制作を行っていき、
年明けには、基本的には
その作業が完了します。

IMG_2650
















ここ数年は「プレミアム箔押し」といって
金箔はもちろん、青色やピンク色などの
さまざまな箔押しを組み合わせた
特殊エンボス加工タイプのものも制作しています。

細かいエンボス加工は、華やかな煌めきで、
ちょっと他にはない仕上がりです。
まさに「プレミアムな年賀状」となっています。
日本の印刷屋さんならではの職人技です。


ネット注文はこちらから

アトリエ アニバーサリーさんのクリスマスケーキカタログ 2021

カテゴリ:
10月に入り、都内百貨店内のお店をはじめ、
各地のケーキ屋さんで
クリスマスケーキの予約受付が
続々と開始されています。
今年は、昨年より1か月早いスタートです。

アトリエ アニバーサリーさんの
「クリスマスケーキカタログ 2021」の
デザイン制作を
みうらまなみクリエイティブルームが
担当させていただきました。

IMG_2641





























表紙のテーマは
「森のクリスマス」です。
写真撮影の際には
本物のもみの木も使用しました。

どのデコレーションケーキも
生クリームの繊細な絞りの技術によってつくり出された
すてきな造形を楽しむことができます。

また、今年は、クリスマス・タルトも
新たに追加されました。
2種類のイチゴのクリームが美味です。

IMG_2644























下記の各店舗ごと限定のケーキもあります。

インターネットでも
各店舗のケーキを予約できます。

早稲田店
東急フードショーエッジ店(渋谷スクランブルスクエア)
西武池袋店新宿伊勢丹店
西武池袋店
札幌円山店
大丸札幌店

店舗受け取り予約サイトはこちらから

オンラインショップ限定 ご自宅配送冷凍ケーキの予約はこちらから

新幹線で輸送した『ガンコオヤジの早生りんご』

カテゴリ:
東京・銀座の『GINZA SIX』にて、
「新幹線で輸送した地域名菓や旬のフルーツ」などを
特別に販売する企画、
『のもの POP-UP STORE』が
9月26日まで開催中です。

IMG_2617 2
















商品ラベルやフライヤーのデザインを
みうらまなみクリエイティブルームが担当させていただいた
カルネさんの『ワンダーアップルジュース』や
『ガンコオヤジの青森りんご』も
販売されているとのことで、
銀座へ行ってまいりました。

IMG_2618
















いよいよ、青森県産のりんごが
東京でも食べられる季節が到来です。

『GINZA SIX』には、
新幹線はやぶさに乗って
超高速3時間の旅を経て
銀座に到着した
新鮮な早生りんご達が並んでいました。

IMG_2621























わたしは、
酸味少なめで甘さのある、
「きおう」を買ってきました。

フワーッとした香りを楽しめる
ジューシーなりんごです。

IMG_2619




























東京ではレアな
『ワンダーアップルジュース』の
一升瓶タイプも販売中です。

上の写真の通り
大きいので
かなり目立ってます!!


この『GINZA SIX』さんでの特別販売企画は
今週いっぱいですので、
新鮮で美味しい青森県産の早生りんごを
ぜひ、お試しください。


GINZA SIX
B2Fフーズフロア
『のもの POP-UP STORE』にて

『ガンコオヤジの青森りんご』は
9/23、25、26の14:00から販売予定

湘南のレモンカレー

カテゴリ:
IMG_3017


























湘南エリアの新たなお土産として
『湘南のレモンカレー』が新発売!

販売者は小田原の野澤作蔵商店さんです。
野澤作蔵商店さんのブログはこちら

パッケージ箱のデザイン制作を
みうらまなみクリエイティブルームが
担当させていただきました。

相模湾の潮風と太陽の光をたっぷりと浴びた
香り豊かな湘南のレモンを100%使用。
爽やかな酸味も楽しめる、
すっきりとした味わいのカレーです。
これからの季節、特に女性の方におススメの味です。

パッケージ箱は
「湘南の海岸沿いにあるカフェ」をイメージして
デザインしました。

CD『マーティン・リーガン 和楽器による作品集Vol. 4』

カテゴリ:
作曲家マーティン・リーガンさんの
NEWアルバム『和楽器による作品集Vol. 4』の
CDジャケットのデザイン制作を担当させていただきました。

マーティンさんとのお仕事は4枚目となります。

山、砂漠、そしてsagebrush(ヨモギの一種)という
甘い香りのする植物などの、たくさんの写真を
ネット上で共有させていただきながら
制作作業を進めていきました。
IMG_2550
















CDが完成したとのことで、素敵なカードとともに
アメリカからマーティンさんが送ってきてくれました。

アルバムのタイトルにもなっている
「深山、 静寂な渓谷」という曲は
ニューメキシコ州のタオスに滞在中に
その土地の自然の風景から
インスパイアされて出来たとのこと。

IMG_2551












広大な大地を描いたイラストに
日本の文様を織りまぜるように重ねて
さらに書家の方が書いてくださった
タイトル文字とも馴染むようにデザインしました。
IMG_2554












また、ブックレットの中面のビジュアルも
一部制作させていただきました。

ミナカ小田原

カテゴリ:
小田原出張の折、せっかくなので
昨年12月にオープンした
「ミナカ小田原」にも行きました。

「ミナカ小田原」は
小田原東口お城通りにある
地上14階建の高層ビルタワー棟と
地上4階建の商業棟「小田原新城下町」の
2棟からなる複合商業施設です。

「ミナカ」というのは
「真ん中(中心)」という意味です。

多くの人が出会い、
行き交う中心(みなか)として
皆から愛されるように
という願いが込められているとのことです。

公共関連施設、図書館、医療関連施設、
子育て支援施設、各種商業施設、
そしてホテルが入っています。

最上階(14階) のスカイレストランからの眺めは最高で
小田原城と海がよく見え、気持ちのいい空間です。
IMG_2451













商業施設のほうは
宿場町を連想させるかのようなつくりで
お土産屋さんも多数あります。
IMG_2459
















みうらまなみクリエイティブルームが
デザイン制作を担当させていただいている
「小田原柑橘倶楽部」のコーナーもあります。
IMG_2453




























ミナカ小田原 公式サイトはこちらから

小田原「箱根口ガレージ」

カテゴリ:
多くの方々の熱い想いで
小田原に帰ってきた「チンチン電車」が目印の
素敵なカフェ&グリル&フラワーショップ
「箱根口ガレージ」が
2021年3月12日にオープンしました!

小田原城から5分、
国道1号線の箱根口信号近くです。

その内覧会へ行ってきました。
IMG_2471
































小田原の活性化を目的とした
報徳二宮神社「まちづくり推譲事業」の一つとして
観光の活性化と
3世代が交流する地域コミュニティづくりとを
目的とした施設です。

ランチタイムには
地場食材などを使ったグリル料理をいただくことができ、
ティータイムには
美味しいスイーツも楽しめます。
そして、すてきなお花屋さんもあります。

IMG_2461

















花を包むパッケージの制作を
お手伝いさせていただきました。
IMG_2466
















ちょっとしたプレゼントに、
自分へのご褒美に、
と、この手提げできるパッケージが
皆さんのお役に立ったらいいなと思っています。

IMG_2478




























地域交流施設としての活動は
(コロナ関連の状況もふまえて)
春に向けて
順次開始していく予定だそうです。

詳しくはこちらから

店舗内とメニューはこちらから

アトリエ アニバーサリーさんのバレンタイン2021-3

カテゴリ:
この時期のみの限定アイテムとして登場する、
毎年大人気でロングセラーの
『ストロベリートリュフ』。

今年は、ホワイトチョコレートと苺を使った
新作トリュフの「ルージュトリュフ」とセットになり、
題して『Wストロベリートリュフ』。

昨年、制作を担当させていただいたデザインが
おかげさまで好評だったので、
今年も同じパッケージ箱で販売されています。

IMG_2287


























下記は、アトリエ アニバーサリーさんによる
商品解説です。


ストロベリートリュフ:

苺のリキュールでフリーズドライの苺を炊き、
ガナッシュに混ぜ合わせました。
しっかりとしたミルクチョコレートの味わいと、
苺の果肉をたっぷり使った
果実感あふれる甘酸っぱさがクセになります。
創業当初から約30年、
ずっと愛され続けているトリュフです。


ルージュトリュフ:

すっきりとした甘さの
フランス産ホワイトチョコレートと生クリームに、
パウダー状にしたフリーズドライ苺を混ぜ合わせた
口溶けのよいガナッシュを
ホワイトチョコレートで包み、
苺のパウダーでコーティングした
甘みと酸味のバランスのよいトリュフです。


▼キャンペーン・リーフレットの中面

IMG_2237_2












































とにかく「いちご好き」にはたまりません!

いちごの味の奥深さが楽しめますので、
ぜひ「いちご好き」の方への贈り物としてどうぞ。

アトリエ アニバーサリーの公式オンラインショップはこちらから

アトリエ アニバーサリーさんのバレンタイン2021-2

カテゴリ:
アトリエ アニバーサリーさんに
予約しておいた
『バレンタインデコレーション』の
ケーキを受け取りに
渋谷スクランブルスクエアに行ってきました。
IMG_2280























大人っぽい色合いのケーキです。

商品写真撮影の立ち合いの際にも思いましたが、
なぜだか自然と心惹かれるデザインの
デコレーションです。

バラの花をかたどった部分の
ルビーチョコレート入のクリームのコク、
さっぱりしたレモンジュレ、
そして、中に入ったフレッシュないちごや
下部のクリーム部分など、
いろいろな味が楽しめます。


▼キャンペーン・リーフレットの中面

IMG_2238














































天然由来の色素によって生まれた
色鮮やかなピンク色を持つルビーチョコレートと
フランス産チョコレートを使用したショートケーキ。
キラキラとした宝石に見立てたレモンジュレには、
糖度の高い小笠原レモンを使用し、
味にアクセントを沿えています。
高度な技術が求められる、
トップパティシエにしか絞れない、
繊細で特別なデコレーションです。

アトリエ アニバーサリー プレスリリースより


アトリエ アニバーサリーの公式オンラインショップはこちらから

アトリエ アニバーサリーさんのバレンタイン2021-1

カテゴリ:
昨年に続き、今年も
アトリエ アニバーサリーさんの
バレンタインギフトアイテムの
パッケージとリーフレットのデザイン制作を
担当させていただきました。
IMG_2942















今年の新作は
3種のデコレーションタブレット。

パッケージ箱のデザイン・ビジュアルは、
アトリエ アニバーサリーさんの看板商品で
大人気のホールケーキ『スイートレディ』
からの連想です。

「クラシカルな絵本」のような雰囲気となるよう
演出をしました。


1.プレミアムピスタチオ
pistachio


































2.リッチストロベリー
strawberry


































3.テイスティカカオ
tastycacao


































さまざまなトッピングの
それぞれに異なる食感と風味を
一口一口食べる毎に楽しむことができます。

華やかで、ちょっと贅沢、
味わい豊かなタブレットチョコレートです。

▼キャンペーン・リーフレットの表紙
IMG_2233








































アトリエ アニバーサリーの公式オンラインショップはこちらから

アトリエ アニバーサリーさんのクリスマスケーキカタログ

カテゴリ:
11月に入り、街にはクリスマスの飾りつけが、そして、
ケーキ屋さんではクリスマスケーキの予約が開始されています。

IMG_2187
























アトリエ アニバーサリーさんの
クリスマスケーキカタログ2020の
デザイン制作を
みうらまなみクリエイティブルームが
担当させていただきました。

IMG_2189
















どのデコレーションケーキも
生クリームの繊細な絞りの技術によってつくり出された
すてきな造形を楽しむことができます。

カタログでは
できるだけ写真を大きく扱って、
一つ一つのケーキのビジュアルを
額装するような感じでデザインしていきました。


下記の各店舗ごと限定のケーキもあります。
インターネットでも各店舗のケーキを予約できます。

青山店
早稲田店
新宿伊勢丹店
渋谷東急スクランブルスクエア店
西武池袋店

店舗受け取りはこちらから
IMG_2190
















冷凍配送・オンラインショップ限定クリスマスケーキはこちらから

アトリエ アニバーサリーさんのキャラメルりんごのティーケーキ

カテゴリ:
昨年11月、アトリエ アニバーサリーさんの
渋谷・東急スクランブルスクエア店のオープン時に
新商品としてお目見えした
『キャラメルりんごのティーケーキ』。

IMG_2861

















人気の定番ギフト商品として
絶賛販売中です。

個包装パッケージのデザイン制作を
みうらまなみクリエイティブルームが
担当させていただきました。

二本のりんごの樹と、
アトリエ アニバーサリーさんの
シンボルマークでもある時計&リボンを
組み合わせたデザインです。

「このお菓子とともに、幸せな時間を」
というアトリエ アニバーサリーさんの想いが込められています。

IMG_2883



























紅茶葉の芳醇な香りに包まれた
しっとりとろけるパウンドケーキ。

キャラメリゼしたりんごの
シャキシャキとした食感が絶妙で、
つい何個も食べてしまいます。

冷蔵庫で冷やしてからいただくのもオススメです。

ぜひぜひお試しください!

キャラメルりんごのティーケーキ誕生の秘話はこちらから

アトリエ アニバーサリーさんの丸ごと栗のパウンド

カテゴリ:
アトリエ アニバーサリーさんの
秋の定番商品『丸ごと栗のパウンド』。

IMG_2828

















個包装パッケージのデザイン制作を
みうらまなみクリエイティブルームが
担当させていただきました。

一連の「パウンド」シリーズに共通の
ベーシックなテイストのデザインです。

パッケージを開けると、
栗の形をした焼菓子。

その美味しい生地の中に、
丸ごと栗が入っています。

IMG_2842















秋らしさを感じさせる贈りものとして、
ぜひご利用くださいませ。


(以下、アトリエ アニバーサリーさんのWEBサイトより)

コクを出すためにマロンペーストを混ぜて
焼き上げたしっとり生地に、
渋川栗の甘露煮を丸ごと1個包んだ贅沢パウンド。
栗の形そっくりに焼き上げた可愛い見た目に、
渋皮栗のやさしい甘さは
アニバーサリーでも毎年大人気の焼き菓子です。

▶︎オンラインショップはこちらからどうぞ

ネコの肘枕(ひじまくら)

カテゴリ:
仕事柄、毎日PC(Mac)の前にいて、
右腕でペンタブレット用のペンを使って、
画面上に、ひたすら、
線を描いたり、色を塗ったりしていますが、
実は、そのとき、
左腕の、特に肘のあたりに、
(「固定状態の体」を支えようとして)
けっこう「圧」が加わっていたりします。

そんな私のような、
デジタル系の仕事をしている人にとっての
必需品ともいえる「肘枕(ひじまくら)」を、
今回は自作してみました。

IMG_2063
















絵柄として、
「フィボナッチ数列を用いたデザイン」に基づいた、
陰陽二匹の丸まったネコを描いてみました。
(ややボーイッシュなネコです)

フィボナッチクッション















リネンに、手刺繍でざっくりとステッチ。

ちょっと和む、
「デジタル職人用」のグッズです。

青森の『ワンダーアップル』ジュース

カテゴリ:
『ワンダーアップル』シリーズは、
「青森の特産品」として、
もうすっかりおなじみになりました。

201811















下記は、発売元のCARNET(カルネ)さんの近況です。


「青森駅前のA-FACTORYさんでは、
 弊社のりんごジュースやジャム、
 ドライアップルなどが販売されています。
 Go toキャンペーンを前に、
 人気売上ランキングが表示されていました。

 【ジュース部門】

  第1位
   A-FACTORY アップルソーダ スパークリング

  第2位
   CARNET(弊社) WONDER APPLE プレミアムブレンド

  第3位
   シャイニー 銀のねぶた

 なんとあの大手シャイニーさんをおさえて
 堂々の2位です!
 ありがとうございます。
 客足はまだまだ以前のように戻ってきてはいませんが、
 引き続き、地道にがんばります!」


『ワンダーアップル』ジュースの
商品ラベルのデザイン制作を
みうらまなみクリエイティブルームが
担当させていただいたのが2011年なので、
もうかれこれ9年が経ちましたが、
今や「青森を代表する商品」
といっても過言ではないくらいに
立派に成長したその姿を見て、とてもうれしく、
なんとなく「親心」に近いようなものを
感じたりもしております。


A-FACTORY(エーファクトリー)さんはこちら

カラベルさんの濃い抹茶チーズケーキ

カテゴリ:
名古屋のチーズ菓子専門店「カラベル」さんの
『濃い抹茶チーズケーキ』が好評発売中です。

IMG_2703





















パッケージの商品ラベルのデザイン制作を
みうらまなみクリエイティブルームが
担当させていただきました。

IMG_2688




















原材料に用いられている「西尾の抹茶」は、
愛知県南部の地域ブランドとして認定されています。
上品な香りに穏やかな旨味とコク、
そして深い緑が特徴です。

そんな「西尾の抹茶」を贅沢に使用した
ベイクドチーズケーキ。

商品ラベルのデザインは、
深い緑色をベースカラーとし、
「上品な香り」がひろがっていく様を
幾何学模様で表現してみました。

香り高く、ほろ苦い「濃い抹茶」の風味と
チーズの濃厚さの絶妙な組み合わせを
存分に味わえる逸品です。

「お抹茶好き」のわたしにはたまりません!

IMG_2713















直径8cmと小ぶりなチーズケーキ。
二人でいただくのにちょうど良い感じです。

季節限定・数量限定品ですが、
人気のため、急きょ増産も決定したとのことです。

▶︎オンラインショップはこちらから

アトリエ アニバーサリーさんの夏のプティデコクッキー

カテゴリ:
アトリエ アニバーサリーさんの定番商品として、
ミニサイズのクッキー詰め合わせ
『プティデコクッキー』があります。

IMG_2649





















パッケージのデザイン制作を
みうらまなみクリエイティブルームが
担当させていただきました。
IMG_2658


















『プティデコクッキー』のパッケージ箱は、
年間を通じて基本の図柄は一緒ですが、
季節ごとにカラーリングが変化していきます。

6月からは、「夏のプティデコクッキー」として、
爽やかな黄緑色をベースにした色合いの箱となりました。

一つ一つのクッキーには、
抹茶やレモンなどの「季節の素材」を活かした
デコレーション演出がなされています。

IMG_2661

















パッケージ箱には
かわいらしいリボンもついていて、
「ちょっとした手土産やプレゼントに便利!」と
お客様にも大好評だそうです。

▶︎オンラインショップはこちらから

アトリエ アニバーサリーさんの東京レモンパウンド

カテゴリ:
渋谷スクランブルスクエア 1Fにある
アトリエ アニバーサリーさんに行ってきました。

IMG_1643
















今、季節のお菓子として、
『東京レモンパウンド』が販売されています。

IMG_2673


















パッケージのデザイン制作を
みうらまなみクリエイティブルームが
担当させていただきました。

『東京レモンパウンド』は、
東京・小笠原諸島で採れた
「グリーンレモン」を使用したパウンドケーキです。

個包装パッケージのレモンのイラストも
グリーンです。

IMG_2684
















爽やかなレモンの香りいっぱいで、
味はとってもまろやか。

仕上げのチョコレートも涼しげで
この季節にぴったり。

IMG_2679















渋谷へお越しの際は、ぜひ
アトリエ アニバーサリーさんのお店にも
お立ち寄りください。


(以下、アトリエ アニバーサリーさんのWEBサイトより)

小笠原諸島で採れた
市場には中々出回らない
貴重なグリーンレモンを
たっぷり使用した贅沢なケーキは、
一口頬張ると優しい酸味が口の中に広がり、
普通のレモンと比較すると糖度が高く
まろやかな味わいが
美味しさを惹き立てます。
レモンで引き立てられたバター生地は
この時期だけの美味しさ。

仕上げは
レモン味のチョコレートでコーティングして
旨みをプラスしました。

お中元や帰省土産など、
日頃の感謝を伝える贈り物にも
ぜひご利用くださいませ。


▶︎渋谷スクランブルスクエア 1F アトリエ アニバーサリー

▶︎オンラインショップはこちらから

アトリエ アニバーサリーさんの人気のマドレーヌ

カテゴリ:
アトリエ アニバーサリーさんの
人気のマドレーヌ2種の
パッケージ・リニューアルのデザイン制作を
みうらまなみクリエイティブルームが
担当させていただきました。

これまでのパッケージが、
ぬいぐるみ風のキャラクターが描かれた
「かわいらしい雰囲気」のデザインで、
その感じが好きで買っておられたお客様が
たくさんいらっしゃるとのことでした。

そこで今回のパッケージデザインの
リニューアルにあたっては、
そういった既存顧客の皆様にも
引き続き、お買い求めいただけるよう、

「絵本のような世界観」

をコンセプトとして、
新たなかたちでの
「かわいらしい雰囲気」を
演出することを心がけました。

商品は2種類あり、
まず一つは、ベーシックな味わいが人気の
『クラシックマドレーヌ』です。

英国の昔ながらの優しい味が、
幅広い世代の方々に大好評です。

デザイン制作にあたっては、
「緑豊かな森を走るウサギたち」を
イメージしました。

IMG_2591


















そして、もう一つは、チョコレート味の
『フラッフィーショコラ』です。

食べ心地は、商品名の通り、フワフワでエアリーで、
チョコレートの濃厚さと香りが特長ですが、
甘すぎず、くどさもなく、とても美味しい!です。

実際に食べてみると、
「大人気!」というのも確かに分かります。

パッケージデザインとしては、
「フワフワの雲を眺めているウサギたち」を
イメージして制作しました。

IMG_2598


















どちらも美味しいので、
一度に2種類とも軽く食べちゃうことができます(笑)。

「販売開始4年で50万個売れた」
大ヒットスイーツを、ぜひいかがでしょうか。

オンライン通販で
手軽にお取り寄せもできます。

▶︎オンラインショップはこちらから

IMG_2642
















(以下、アトリエ アニバーサリーさんのWEBサイトより)

【右:クラシックマドレーヌ】
たっぷりと空気を含ませて、窯の中で表面がめいっぱいふくれ上がるまで
じっくり焼き上げた、軽くてしっとりとしたプレーンなマドレーヌです。
天然の甘味料はちみつを使用しているので、優しい味わいに仕上がります。

【左:フラッフィーショコラ】
小麦粉を少なくしたかわりにメレンゲの力でふんわりと焼き上げて
軽い食感に仕上げました。チョコレートをたっぷりと使用することで
チョコレートの濃厚さと香り、コクを味わえるチョコレートのマドレーヌです。

IMG_2588































▶︎オンラインショップはこちらから

小田原の『食樂庵 報徳』さんへ

カテゴリ:
神奈川県小田原市の
報徳二宮神社/報徳会館内にある
和食レストラン『食樂庵 報徳』さんに
おじゃまさせていただきました。

こちらのロゴのデザイン制作は、
みうらまなみクリエイティブルームが
担当させていただきました。

IMG_1989




























『食樂庵 報徳』さんは、
ご婚礼やご会食など、お祝いの席での
お料理でも定評がある
報徳会館 日本料理部さんによる本格的な味を
気軽に楽しめるレストランです。

「会席料理をもっと手軽に、もっと身近に」
というコンセプトのもと、
美味しい和食をいただけます。

今回は、私の誕生日祝いということもあって、
主人が予約をしてくれました。

IMG_1991













ロゴをこんな感じで使用していただけると素敵です。

IMG_1993

IMG_1997

IMG_1998

IMG_2003

IMG_2007

IMG_2005

IMG_2009


















































































注文をいただいてから炊き上げる
美味しい土釜ご飯と、
報徳二宮神社の御祭神、二宮尊徳翁が
好んで食していた「呉汁(ごじる)」も
味わうことができます。

※数々のお料理で、すっかりお腹が満たされ、
最後のデザート(アイスクリームとエスプレッソ)の写真は、
配膳していただいた時に撮るのを
ついうっかり忘れてしまい、
もうすでに少し食べてしまった後の写真です(笑)。

IMG_2012









IMG_1988




















報徳二宮神社さんには
6月末の「大祓」の茅の輪が設置されてあったので、
くぐってみました。

「誕生日のお祝いに」ということで、
記念写真まで撮ってくださいました。
ありがとうございます。

『食樂庵 報徳』はこちらから
https://www.hotoku.co.jp/restaurant/


007

湘南ゴールドドロップ

カテゴリ:
『湘南ゴールドドロップ』のパッケージデザイン制作を
みうらまなみクリエイティブルームが担当させていただきました。
IMG_2338


























「湘南ゴールド」は、
「ゴールデンオレンジ(黄金柑)」と温州みかん「今村温州」を交配し、
12年の歳月をかけて開発された黄色いオレンジです。

レモンを思わせる黄色い果皮をむくと、
「湘南ゴールド」の最大の特長である華やかな香りが広がり、
甘くジューシーな果肉を味わえます。

IMG_2333














ドロップのパッケージ・ビジュアルは、
「レトロPOP」な感じで仕上げました。

小田原や鎌倉などのお店で販売されていますので、
見かけましたら是非お手に取ってご覧ください。
https://nozawasakuzo.com/blog/166/

小田原・お菓子みやげ『逸福(いっぷく)』

カテゴリ:
小田原のお土産『逸福(いっぷく)』の
包装パッケージのデザイン制作を
みうらまなみクリエイティブルームが担当させていただきました。
IMG_2344





























『逸福(いっぷく)』は、小田原産レモンのクリームをサンドした
薄くて軽い(甘いおせんべいタイプの)お菓子です。

小田原城や、小田原駅のショップで見かけましたら、
是非お手に取ってご覧ください。

懐かしくて新しい レトロスタイルデザイン

カテゴリ:
書籍『懐かしくて新しい レトロスタイルデザイン』
小田原柑橘倶楽部様のサイダー、ドロップ、チョコレートと
カルネ様のワンダーアップルジュースの
パッケージや商品ラベルのデザインが掲載されました。

(以下、同書の紹介ページより)

レトロなデザインはいつの時代も根強いファンが多く、
様々な分野でクリエイターのインスピレーションを刺激してきました。
本書では、古き良き時代のグラフィックデザインや印刷・加工技術に影響を受け、
現代のエッセンスを巧みに加えた、斬新な作品の数々を紹介します。

retrostyledesign




























懐かしくて新しい レトロスタイルデザイン
価格:本体3,990円+税
発行元:PIE International
編著:パイ インターナショナル

https://pie.co.jp/book/i/5151/

新年あけましておめでとうございます。

カテゴリ:
亥2019


















昨年は、友だちのピアノの発表会で
ピアノ&二胡のデュオとしても演奏させていただきました。

また、フルートを習っているため
クラシックのコンサートに行く回数もだいぶ増えました。

これからも音楽の世界をいろいろな角度から学んでいこうと思います。

今年もまた皆様にとって
心豊かな一年になりますように。

大ベテランの現役りんご農家が育てた生の青森りんご

カテゴリ:
長内さんのりんご2018_01_1

























長内さんのりんご2018_02

































青森りんごのファンは
日本中に(プラス海外も)いらっしゃるかと思います。

先日、美味しい青森りんごの
販売用チラシのデザイン制作を
みうらまなみクリエイティブルームが担当させていただきました。

93歳の現役、大ベテラン農家、
長内久雄(おさない ひさお)さんが育てているりんごです。


(以下、チラシに載っている文面からの抜粋です)


「りんご人」というのは、
りんごの木と話ができるかのような人。

といっても魔法の世界の登場人物ではありません。

長い年月にわたって、真摯にりんごを栽培し続けているうちに
人はいつしか「りんご人」になります。

そんな「りんご人」の一人、
長内久雄(おさない ひさお)さんは93歳。

戦争が終わり、長内さんはりんご園をつくり始めました。

93年の間には、色々なことがあったと思います。

小高い丘の上にある長内さんのりんご園には
今およそ100本のりんごの木があります。

遠くに海も見える長内さんのりんご園には
ゆったりとした時間が流れています。

決して広くはないりんご園ですが、
一本一本のりんごの木と通じ合ううえでは
ちょうどいい大きさだといえます。

長内さんは、そんな一本一本のりんごの木を見守り続けています。

「おじいちゃん(長内さんのことです)は、どのりんごの木が好きなの?」
と質問したら、
「どの木もみんな好きだなあ」と微笑んで答える長内さん。

長内さんにとって、一本一本のりんごの木は
自分の子どもや孫のような存在です。

どれかの木だけが特別ということではなく、
すべてのりんごの木が、さらにいえば、木だけでなく、
園地の土や草花、微生物、空気、光、
それらすべてが宝ものです。


大ベテランの現役りんご農家が育てた生のりんごを
あなたも一度食べてみませんか?

ご購入はこちらからどうぞ
47club カルネ
https://www.47club.jp/carnet/goods/detail/10076765/

小田原・伊勢屋のお月見団子

カテゴリ:
神奈川県小田原市の老舗和菓子店 伊勢屋さんでは
毎年、中秋の名月の日に「お月見団子」を製造・販売しています。

今年はお天気も良く、
とてもステキなお月さまを見ることができました。


「お月見団子」用の掛け紙の制作は
みうらまなみクリエイティブルームが担当させていただきました。

IMG_2261



























満月は豊穣の象徴です。

「お月見団子」の由来を調べてみましたところ、
古来、収穫した里芋や栗などをお供えして、
豊作への祈りや、自然への感謝の気持ちを表していましたが
江戸時代より少し前の頃から、
そういった収穫物だけでなく、
月に見立てて作ったお団子とススキも
お供えされるようになったのだそうです。

IMG_2299
























「お月見団子」用の掛け紙には、
満月の夜、うさぎたちがお月見団子をお供えして
感謝の踊りを舞っている様子を手書き風のイラストで表現してみました。

IMG_2264

片浦レモン・小田原みかんのホワイトチョコレート

カテゴリ:
IMG_1888



















小田原柑橘倶楽部の新商品
『片浦レモン ホワイトチョコレート』と
『小田原みかん ホワイトチョコレート』が
2018年9月に発売されました。

「片浦レモン」は
神奈川県小田原市片浦地区の農家さんたちが
30年以上にわたり丹精込めて栽培している
安全・安心な国産レモンです。

また、「小田原みかん」は
箱根山系のふもと、相模湾に面した段々畑で
太陽と潮風をたっぷり浴びて育った
美味しいみかんです。


小田原・箱根エリアの
新たなお土産としてオススメです。


パッケージ・デザインの制作は
みうらまなみクリエイティブルームが担当させていただきました。

ホワイトチョコレートPOP01
























先日の東京ギフト・ショーでも
新発売に先立って
販売店さんのブースでお披露目され、
「どこかレトロでクラシックな雰囲気のパッケージが
皆さんにとても好評です!」とのことでした。


みうらまなみクリエイティブルームのWEBサイトはこちら

このページのトップヘ

見出し画像
×